カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

娘と酵素玄米

今回は、今小学校一年生の娘と酵素玄米のことを書きますね!

娘が生まれたとき、私達、家族の食事はやや乱れていました(笑)

 先に生まれたお兄ちゃんが2歳半で年も近かったこともあって 毎日ばたばたと忙しくご飯も適当で、外食も多かったなって思います。

 娘は新生児のときから鼻炎で特に夜から朝方は鼻が詰まって 苦しそうでした。

 母乳で育てていましたが、私の方がおやつがやめられなくて、 おっぱいの質はあんまり良くなかったんじゃないかなって思います。

 毎日の忙しさに、菓子パンやチョコを食べると、
決まって娘が中耳炎になるので その治療の様子があまりにかわいそうで、当時国立にあった漢方医、王瑞雲先生のご指導を受けて、食事の改善や抗生剤を使わないで中耳炎を治す方法を習ったりして中耳炎を改善していきました。

 酵素玄米がうちにきたとき、娘は3歳。

 白いご飯が大好きで、ふりかけさえあれば幸せなタイプ。

 中耳炎は治ったけど、冬になると大量に青っパナがでて、家族の中で 一番良く風邪を引いていました。

 小豆の入っている酵素玄米が、娘には許せないらしく お兄ちゃんほどは食べてくれません。

 でもちょっとずつ、ちょっとずつと思いながら、お腹をすかしているところにおにぎりを持たすなどして美味しいことがわかると、 幼稚園の年長さんでやっとお弁当と夕飯は酵素玄米になるところまでたどりつきました 。

 娘が幼稚園で大事そうに酵素玄米を食べる姿を見て、お友達がとっても食べたくなっていまい、その子のお母さんが買いにきてくれたこともありました。

 酵素玄米が1日2回になると、それまで引いていた風邪をあまり引かなくなり、時々できていた発疹もなくなり、鼻も前ほどでなくなりました。

 これで、一安心と思いきや、 小学校になって入った学童のおやつがとっても豊富で、 喜んで食べていた娘が、蓄膿症になってしまいました!

 膿みがたまるので頭痛もします。 学校という緊張したところでストレスもたまり、すごく不機嫌で、荒れていたように思います。

本人のせいでなく、体の不調によって。

 そして6月、楽しみにしていたプールも蓄膿症が治らないと入れないことに。

運動が大好きな娘にはこれがこたえたようで、 学童のおやつも1つだけにして、残りはお兄ちゃんとわけ。 朝ご飯も、酵素玄米をしっかり食べるって、約束して、おやつを減らし、酵素玄米を毎食食べるようにしたら、蓄膿も治り、プールに入れることになりました。


 市販のおやつは学童に入るまでほとんど食べていなかったのですが、 1年生になって、食べ物によって、自分の体がどうなるのか理解できて、 理解した上でいろんな選択ができて本当に良かったです。

 パンが好きだった娘ですが、今では、給食のパンも、「ご飯ならいいのに! あれ甘過ぎだわ!」と言っています。

 朝ご飯は、リンゴ半分に酵素玄米お茶碗軽くいっぱいを のり巻きにして食べていきます。 お昼は牛乳なしの給食。

給食は、 内容もいろいろですが、うちでは、否定的なことをいっさい言いません。 食べながら、ストレスになってしまうからです。 内容が何であれ、美味しそう!楽しみだね!といって送り出し、夕食で黙ってフォローします。

 学校から帰ってきて、おやつは小さいのを2個 あとはみかんとか果物を食べています そして夕飯も酵素玄米を軽くいっぱい お味噌汁 煮物を軽くつまむくらいです。

 しっかり筋肉質でやせ形。 脂肪やエネルギーの燃焼の高いタイプ。 何を食べても太らない体質になりました。

 もとからではありません。

 食べ物の選択によって、体質は決まってきます。 小さい頃に太りにくい体質と食習慣を身につけた娘は 思春期になってもきっと太ることなく、肌のトラブルもなさそうです。

母である私からの、本当にささやかな、こっそりやっている贈り物です(笑)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=16942&eid=369

ページトップへ