カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

酵素玄米を始めたきっかけ

こんにちは!

いつももみの木のHPに来てくださり、ありがとうございます。

 このHPを見てくださるお客様のために「酵素玄米で健康を取り戻す!」という連載を始めました。

 私自身のことや家族、そしてお客様から学んだ酵素玄米を食べながらできる健康法をお伝えしていきたいと思います。


 初回の今日は 私が酵素玄米を始めたきっかけについてお話させていただきたいと思います。


 最初に酵素玄米に出会ったのは、今から4年前。

 そのときは、まだ白米、そして時々玄米を食べていました。

 今ほどしっかりとした栄養に対する考えがなかった私は、栄養士の大学で学んだことに基づいて、1日30品目食べるのが良いのだと思い込んでいました。

 子供たちは6歳と3歳。 当たり前のように冬になると風邪を引き、中耳炎を繰り返し、何とかならないかと考えていましたが、しっかり栄養を取ることばかり考えていたように思います。

 時々炊いていた玄米は前の晩から水に浸け、土鍋で炊いていましたが 子供と主人には不評(笑)

張り切って買った生協の登録米が全然減らなくて、置き場所もなくて本当に困っていました。

そんなとき、
昔ダイヤモンドを買ったことがあって知った、
エイトスターダイヤモンドというダイヤモンドの会社のオフィスにたまたま行ったところ、

長岡式酵素玄米炊き方講習会の張り紙が。

 なぜか、試食もしていないのに、これはいい!って直感で分かりました。

 そのときは、酵素玄米はきっと美味しいから、今山ほどある玄米が減ってくれる!っていう気持ちの方が大きかったと思います。

でも、 当日、会場で先生の話を聞き、炊き方を学ぶと、私の中の栄養の常識がひっくり返ってしまいました。

 すぐにお鍋のセットを頼み、そこでもう、酵素玄米を販売したいのだけど大丈夫ですか?って質問してました(笑)

 私の中ではすでにお店のイメージができてたんです。

 素晴らしい出会いでした。

 酵素玄米を炊き始めると子供達も興味津々 (もっぱら作り方の方ですが。)

やっぱり、白いご飯の方が食べやすいみたいで、炊き始めた頃は私がメインで食べていました。

 とにかく美味しくて、とっても幸せに毎日食べていたので、

そのうち家族が巻き込まれていった感じです。

代表の新井先生も、気づいた人だけが食べたらいいとおっしゃっています。

すすめてはいけないと。

 気づいて欲しいと、いくらすすめても逆に恨まれてしまうとおっしゃっていました。

 家族でもそうです。

でも気づいたときから体が変わっていくのです。

それは、それは大きく! 次回は私と私の家族に起こった体調の変化についてお話ししたいと思います。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=16942&eid=359